新たなキャリア、そしてより健康で実りある人生の設計

KR2105331_JUNG_HYE_HWA_1

チョン ヘファ&
キム ハング夫妻

韓国

ニュー スキンに登録した年:
2006年

ビジネスに取り組む真の理由あるいは夢:
家族のためにより多くの
時間的自由と経済的
報酬を得ながら、1人
でも 多くの人に 新たな
希望と夢を与える。  

モットー:
率先して行動し、模範を
示すことでチーム メンバー
をリードする。 

チョンさんは昔から絵を描くことが好きでした。そのため、その才能を活かしてデザイン会社を起業して成功を収めます。ところが、それとは全く別の新たなキャリアと生き方をデザインすることで、より良い外見、健康状態、そして豊かな人生を手に入れます。 もちろん、その過程では浮き沈みがあったり、時には自分を疑ったりしたこともありました。しかし、チョンさんはニュー スキン ビジネスを通じて諦めずに努力し続ける方法、そして夢の実現に集中する方法を見出します―その夢を明確にできたのも、最終的にそれを実現できたのも、ニュースキン ビジネスを通じてのものでした。

大学でデザインを専攻していたチョンさんは、クリエイティブな才能に磨きをかけ、大手電子機器会社のPR部に勤めます。 その後、自分で広告デザイン会社を起業してCEOになり、13年間その経営に携わりました。 「広告デザインは私が一番好きなことであり、とてもやりがいを感じていました」。 チョンさんの会社は成長と拡大を続け、韓国国内や世界中の大手企業のみならず、政府機関とビジネスをする機会も得ました。 しかしチョンさんは体調を崩してしまい、健康面での問題に悩まされ始めます。

ちょうどその頃ニュー スキンについて知り、非常に興味が湧きました。 しかし、まずはその製品の品質が、会社が謳っているとおりのものかどうか確かめる必要がありました。 「当時、良い製品はテレビのコマーシャルで紹介されているものや、デパートで販売されている高額なものだと思っていました」。 そのため、ニュー スキン製品をこれからの顧客に紹介する前に、自分自身で試してみなければならないと考えたのです。 「自分で使ったことのない製品を売ることは、誠実さや信頼上の問題に繋がる可能性があると思いました。 自分で製品の素晴らしさを実感してニュー スキンへの信頼を築いていなければ、このビジネスを続けることはできなかったでしょう」。

チョンさんは長い間、特に冬になると乾燥肌に悩まされていました。ところがニュー スキン製品を使い始めるとすぐ、最も乾燥して気温が低くなる時期でも肌を柔らかく良好な状態に保てるように感じます。 また、以前は朝起きたときにひどい疲れを感じていましたが、ライフパックを使うようになってからはエネルギーに満ちたように感じます。そして、以前より早起きできるようになったと言います。 こうして、自身の外見と健康状態の変化を感じたチョンさんは、「これらの製品であれば自信をもってすすめることができる」という確信を強めたのです。

ニュー スキン ビジネスを通じて夢を明確に

チョンさんは顧客への製品販売やチーム拡大を続けるうちに、「ニュー スキン ビジネスでの活動は自分が人生で何を成し遂げたいのか」ということに目を向けるよう促されていると感じます。 その結果、自分の夢は「1人でも多くの人に新たな希望と夢を与えること」「ボランティア活動に携わること」「家族のために、より多くの時間的自由と経済的報酬を得ること」と、多岐に渡ることに気づいたのです。

困難を乗り越えながらも前進を続けてこれらの夢を実現するには、膨大な努力と確固たる決意が必要でした。 チョンさんはまず、広告ビジネスを続けながら可能な範囲でニュー スキン ビジネスに取り組みました。 早朝とランチ休憩にはトレーニングに、仕事の後と週末にはデモンストレーションやミーティングに参加。時間が空いたときには人と会うようにしました。 加えて、グループ ラリーには必ず参加し、毎日CDで2~3のプレゼンテーションを聴きました。

ニュー スキン ビジネスを始めた当時、チョンさんは新しい人や大人数のグループに対してニュー スキンの紹介を行うことが得意ではありませんでした。 「組織に溶け込むのが得意なタイプではないという思い込みが、自分がやるべきことの実践を余計に難しくしていました」。しかし、苦手だと思っていても周りの人たちと協力して活動を続け、これらの活動の実践に力を注ぎました。 もちろん、時には断られることもあります。特に個人的な知り合いから断られることは辛かったと言います。 こういった困難な状況に直面したときは、自分の目標にしっかりと集中することでモチベーションを高めました。

チョンさんは自身のチームを継続的に拡大させるために、見込みのある人物にアプローチすることで新規メンバーを増やしました。 「自分があまり知らない場所に行って、メンバーのリクルートを行いました。 まずは信頼関係を築き、ニュー スキンの製品を愛用してもらい、最終的にその中から数人をリクルートしました。 最初の頃はとても大変で、 時には車の中で1人で泣いたこともありました。 同時に、世の中には同じ価値観をもつ人がいることにも気づくことができ、こうした人たちと共に成功を収めることに力を注いだのです」。

KR2105331_JUNG_HYE_HWA_2

チョン ヘファ & キム ハング夫妻とチーム メンバー

前進を続けるための強さと目的の発見

チョンさんは体調を崩しあるイベントで倒れ、1年ほどビジネスから退かざるを得なくなり、一度は辞めることも考えました。 しかし、チョンさんの復帰を待ってくれているチーム メンバーに勇気づけられ、それが夢を持ち続ける強さになったのです。 同時に、メンバーそれぞれに対する強い責任も感じるようになりました。チョンさんはその後、2015年に開催された「Nu Skin Korea Success Expo」のステージでフォースター クリエイターとして表彰されます。 見事に、チーム メンバーと自分自身に対して、完全復帰と目標達成能力を証明したのです。 健康状態が改善した今、チョンさんは他の人に対するサポートに力を入れています。「私はこの『取り戻した人生』を、助けを必要としている人たちのために役立てようと決心しました」。

今日チョンさんには、組織を成長させるうえで力強いパートナーがいます。夫のキム ハングさんです。 チョンさんがニュー スキンを始めたとき、キムさんはひそかに反対していたそうですが、今ではフル タイムでビジネスに携わっています。 「今では夫は誰よりも私を信頼してくれており、前進を続けるうえでの一番のサポーターです」。

数々の困難を乗り越えて成功を収めてきたチョンさん。これらの経験を活かして周りの人に背中を見せることができるようになりました。 それからは、チーム メンバーが抱えている問題を直接把握し、こういったメンバーにはいち早く自信とモチベーションを与えるようにしています。 「私も同じような経験をしているので、メンバーの悩みを感じることができるのです」。 また、知識やビジネス構築・顧客獲得スキルを向上するための読書や、プレゼンテーション参加を通じた、自己開発の重要性も示しています。 そしてチーム メンバー自身が成長してリーダーになれるよう、メンバーに対してシンプルかつ明確な方向性を示します。またメンバーの声に耳を傾け、会社のサクセスロードマップと各自のアップラインに従うよう促しています。

ニュー スキン ビジネス一本に集中するようになった今、チョンさんは健康の維持に気を使っています。なぜなら、ニュー スキンで継続的成長性と持続性をもったビジネスを構築するためには、個人の健康が最も重要な要素であると考えているからです。 「ある程度のエネルギーを維持することも大切です。 同時に、思いやりと理解のある人間性を育むことも重要です」。

チョンさんが、ニュー スキンのビジネスに取り組む過程で最も重要だと考えていること…それは、チーム メンバーが各自の目標を達成できるようサポートすることです。 「このビジネスに真剣に取り組むうち、人々の価値観や多様性に気づきました」。 また、自分やチームが成功するためには、基本的な行動を繰り返し実践することが重要であることも知っています。チョンさんは長年の経験を通じてこれらの行動を学習し、今でも実践しています。 「自分のグループで何か上手くいかないような気配を感じたら、やるべきことをしっかりやるよう心がけてきました。 そしてシンプルに顧客基盤の構築、新規顧客の招待、デモンストレーション、そしてオポチュニティの説明を繰り返し行ったのです」。 

« 戻る

次へ »