変わり続ける人生から究極のビジネスへ出会うまで

Cecilia_Pachon_Portrait

セシリア パチョン&
カルロス アレチェタ夫妻

スペイン

ニュー スキンに登録した年:
2013年

ビジネスに取り組む真の理由あるいは夢:
ニュー スキンの活動や
報酬などを通じて自由を
手に入れると共に、
チームメンバーの夢の
実現を手助けすること。

モットー:
「このビジネスで成功を
収めるには、明確かつ
確固たる理由が重要です。
理由をもつことで一つ
ひとつの行動に対する
方向性、覚悟、 そして 
向上心が生まれます。 
失敗しても前進し続け、
成功してもそこに留まる
ことはありません」
セシリア パチョン

セシリア パチョンさんは、常に人生を精一杯生き、理想の人生を手に入れるため、情熱を追いかけながら懸命に働いてきました。 その過程では、何度かの進路変更も経験しました。 多くの人が、キャリアを積みながら家庭を築いていく中で気づくのと同様、セシリアさんも「理想の人生だと思っていたものは、実はフラストレーションに溢れている」ということに気づきます。 そして仕事での夢、自分が心から幸せだと感じられる人生を実現するための方法を模索する中で、 ニュー スキン ビジネスというパーフェクトだと思えるビジネスに出会うのです。

セシリアさんは当初から、長年望んできたことが必ずしも幸せへの答えになるわけではない、ということを知っていました。 大学では数学を学びたいと思い、その通りに進みました。 しかし4年後、それは自分が進み続けたい道ではないと感じます。 そこで、より健康に関連していて、人と接する機会の多いキャリアに転向することを決心します。 3歳の頃からスポーツが大好きだったセシリアさんは、懸命の努力の甲斐あって、あっという間に体育の学位を取得しました。

セシリアさんと夫であるカルロス アレチェタさんが出会ったあと、2人は起業家になることを決めます。 2人は当時まだ27歳でしたが、大きな夢を抱いていました。 最初の事業となるジム経営で成功しようという強い決意のもと、6年間も身を粉にして働きました。 しかし、1人目の娘が生まれると優先順位が変化します。 1日の多くの時間を仕事に費やすのではなく、家族の生活の質を向上させたいと思ったのです。 そして、家の購入のための30年ローンを組むため、ジムを売却して「Natur House」という新たな事業を立ち上げます。 1年後、2人はその事業を閉鎖し、3つ目の事業となる準薬局/ハーバリスト/健康食品ショップを立ち上げます。 そして12ヵ月後には、近隣の町に2店舗目をオープンさせます。 「夢は借金を返済できるよう、両方のビジネスで収入を得ること。そして、家族との時間を増やせるように、仕事の半分を委託できるようになることでした」とセシリアさんは言います。

しかし、ヘルプを雇うまでには至りませんでした。さらに店舗での売上は落ち込み、ネットビジネスという競合が出現したことにより、2人の夢は頓挫してしまいます。 「朝の9時から夜の9時まで働きましたが、変化の兆しは一向に見えませんでした」。 このような状況を受け、セシリアさんは新たなオポチュニティの模索を始めます。

健康面の問題をきっかけに行動を起こす

2013年、カタログでニュースキンのことを知り、ニュー スキンが強調する科学的な側面に興味を持ったセシリアさん。 「企業イメージが、すぐに目を引きました」。 すぐにネットで調べたり、ニュー スキンのカスタマー サービスに問い合わせたりしました。 しかし2人は、すぐにはビジネスに参加しません。 なぜなら、セシリアさんが健康面で問題を抱えていたために、あらゆることに手をつけられなかったのです。結局、登録を行ったのは、7月になってからでした。 2人には、「健康面の問題が落ち着いたら何かを変えていかなければならない。 今までのような生活を続けたくない」という意志がありました。

人生を変えるためのピースがカチッとはまったのは、セシリアさんが10月に参加したニュー スキンのキックオフミーティングでのことでした。 新規ディストリビューター向けのプレゼンではなく、偶然にもラピス レベル向けのプレゼンに出席してしまっていたのです。 このちょっとした手違いが、大きなインスピレーションとなりました。 「帰宅しながら『私はやってやる!』と思いました。 どうやるのかはまだ分かっていませんでしたが、絶対にやると決心しました」。 その後セシリアさんは、すぐに行動に移します。 そして2013年10月9日~12日に開催された「ageLOCTR90 LTO」の期間中に、ageLOC TR90パッケージを7つ販売して、エグゼクティブの資格を取得します。 「このとき、『ニュー スキン ビジネスを一生続けていく』と確信しました。そしていずれは、ニュー スキン ビジネスを最終的かつ唯一のビジネスとし、夫にも参加してもらい、顧客やチームメンバーを増やしていくというビジョンを掲げました」。 そして、2014年にはそのビジョンを達成します。 今では2人はお互いの長所とパワーを活かしながら、ニュー スキン ビジネスだけに力を注いでいます。

ニュー スキンを人に伝えるとき、2人はお互いの長所をフル活用します。 仕事を共有するのが大好きで、2人がもつ「その瞬間を楽しむ」能力が、その共働の元となっています。 「一瞬一瞬を楽しむことで仕事へのモチベーションが上がり、努力も苦ではなくなります」とセシリアさん。 3人の娘の親となった今、働いたり旅行に出かけたりするうえで、仕事と家庭とを両立することのできるニュースキンビジネスは、最高のビジネスとなっています。 そして2人は最大の成果を上げるために、日常のタスクを分担しています。 最近では、カルロスさんはチリ市場の開拓に力を注いでおり、セシリアさんは主にスペインでビジネスを行っています。 「夫は主に、電話やビデオ会議で仕事をしています。 私は直接会う1対1のときが、最も上手く伝えられます」。2人は会話を通じてお互いを分析し、アイディアを共有し、目標を設定しながらアイディアを固めていきます。

2人が開催するミーティングは、まさに分担制そのものです。 「夫は、私のメモ、アイディア、そして概要を拾い上げ、それらをもとにパワーポイントを作成します。 また、彼はパソコンやプロジェクターのセッティング、請求の支払い、そしてディストリビューターやゲストの登録を担当してくれています。 私は、ミーティングのコンテンツの企画、ディストリビューターや顧客への説明、製品の紹介、デモンストレーションなどを担当しています。 必要に応じて柔軟に役割を交代することもあります。 私たち夫婦は、お互いを上手く補い合っているのです」。

製品に対する情熱が行動の原動力となる

セシリアさんは、ニュー スキンのageLOC製品と、革新的な科学力を称賛しています。この賞賛は、ニュースキンを人に伝える上で日々あふれてくる情熱の源となっています。 「ニュー スキンの科学、製品、コンペンセーション プラン、そして社風に惹かれました。 その一翼を担えることはとても幸運で誇らしいことだと思っています。 おかげさまで、情熱と信頼性をもって人と接することができます」。さらに、セシリアさんがニュー スキンを気軽に伝えることができるのは、ビジネスのオポチュニティが品質に直結していると確信しているからです。 彼女は、ニュー スキンの科学面の強みやageLOCの技術だけでなく、そのミッションやビジョンについても必ず説明しています。 そして、科学的側面を強調することは、感情に強いインパクトを与えると感じています。 「顧客や新しいチーム メンバーを獲得する際、会社の強みや透明性、そしてニュー スキンならではの製品によって、『これは間違いない』という印象を与えることができるのです」。

現在、セシリアさんのアクション プランの重点事項は、顧客やチーム メンバーになる見込みのある人を探すことです。 「見込みのある人を探す作業を内在化することで、それを日常生活の一部にすることができます。 私たちはラッキーです。というのも、私たちのビジネスは場所を選ばず、好きなときに、新たな見込み顧客にアプローチできる、という自由度があるからです」。セシリアさんは、良い印象を持つ人に出会ったときに、その人のプロフィールがチームが必要とするものと一致したら、シンプルにこう伝えます。「あなたの姿勢が好きなので、ニュースキンについて是非お伝えしたい」。 そしてその場ではすぐに詳細を伝えず、ミーティングの日取りを決めるのです。 「相手の目を見たときに、相手があなたの言葉から信憑性と真実を感じることができたなら…。少なくとも、あなたが伝えようとしていることに、耳を傾けてくれるでしょう」。 セシリアさんは、顧客を獲得する際にもこの原則に従います。「顧客のニーズを組み取り、正しいアドバイスを提供すること。それができれば、すなわち、誰がそれを必要としていて、誰が必要としていないかといったことに煩わされずに済むのです。 ただ誠実に、製品を紹介するだけで良いのです。 結局すべての物事は、流れの中で決まるものであり、ニュー スキンの素晴らしい製品であれば、それは言うまでもありません」。

Cecilia_Pachon_Lifestyle

セシリア&カルロス夫妻。モロッコ、マラケシュでの2015年EMEAサクセス トリップにて。

取り組みの指針となる6つの重要なポイント

セシリアさんとカルロスさんは、自分たちのチームが共に前進していけるよう、次に挙げる6つの重要なポイントを大切にしています。 1) 成功するためには、リーダーたちが実証してきたシステムに従うようチームメンバーに促す。2) 繰り返しできる行動を取るよう教える。3) 会社の戦略、報酬、およびイベントに合わせた計画を維持する。4) 可能な限り情報を共有することで、チームワークを育む。5) 自らの経験を活かし、状況に合わせた具体的な解決策を提供する。6) 決意とフィードバックがもたらす力を、常に強調する。 実際、フィードバックはセシリアさん自身が、リーダーとして成長するうえで非常に重要なものとなっています。 「私は自分の行動一つひとつを分析し、より良いやり方はなかったのかを考えます」。

2人が、堅実に努力を続けた結果…すべての目標の達成と、セシリアさんが憧れてきた理想のライフスタイルの構築に向けて、大きな進歩を遂げています。 強い信念を持つセシリアさんは、毎晩祈りを捧げるときに目標をイメージし、日中はそれらの達成に向けて実際に行動を起こします。 そして、自分たちの成功はもちろん重要ですが、それ以上にチームが成長・拡大し、メンバー各自が成果を挙げながら、新たなモチベーションを発見する…。それを見ることは最高の体験だと言います。

現在、2人は喜びと自信をもって、スペインとチリの2ヵ国で積極的にチームと顧客ベースの構築に取り組んでいます。 「長い間イメージしてきた生活が、現実になりつつあります。私たちにとっての5番目、かつ唯一のビジネスとなったニュースキン ビジネスには、感謝の気持ちでいっぱいです」とセシリアさんは語ります。

« 戻る

次へ »